介護システムを導入するベンダーの選定方法

subpage1

介護業務をより効率よくするためにシステム導入を検討する場合、どのような着眼点でベンダーを選定したらよいか紹介します。

できれば長く使いたいので、費用だけでなく使い勝手が良く、働く職場に合っており、サポートもしっかりとしてほしいなど、要望は尽きないと思います。介護システムを導入する際には、まず現状の業務で改善したい点を洗い出します。

介護のシステムの為になる情報です。

そして、それがシステムで改善されることであれば、その機能を有するベンダーを条件にあげましょう。
そして、現状の業務フローの中で最低限必要な機能を洗い出します。

次に周囲の介護事業所で介護システムを導入しているところを訪問して感想や反省点など聞いてみましょう。


実際に導入しているところを見るとよりイメージがわき、選定がスムーズに進みます。


特にサポート体制についてはユーザーの声を直接聞くのが一番確かな情報になることでしょう。

初めてでもわかりやすい、毎日新聞をあなたに紹介致します。

システムに必要な機能の洗い出しをもとにどのベンダーにするか絞っていきます。
さらに、見学で見聞きした情報を元にさらに絞っていきます。

見積もりを出してもらい、実際の導入コストやランニングコストを算出します。


いくら良くても払えない金額のものは購入できないので、しっかりと予算内に収まるものを選びます。



改定があったときにバージョンアップが必要になるケースがあり、そのときに高額な請求が来るようなベンダーもあります。
導入前にその点についても確認し、導入後に困る事がないようにしましょう。